延滞の記録に注意

無断延滞は最悪

借入の時の計画通りに借金を返済していく事ができれば、何か大きなトラブルが起きる事はまずありません。 しかし収入が減ったとか病気やけがで返済できないという事になると話は別です。


まずはその状態になってしまう前に、金融期間に連絡をしてどうすれば良いか指示を仰ぐ事が重要です。


借金を返済しないでそのままにしておく事を延滞と呼びます。 またこれに関しては、記録として1年から5年は残る事を良く理解しておきましょう。


おまとめローンを利用する場合、申し込みの後審査を受ける事になります。 その時に金融機関が利用するのが個人信用情報機関にある情報です。 延滞が過去にある場合、そこに情報が残っているのが発見されると、おまとめローンの申し込みをしても融資を断られてしまいます。


債務者の側としては少し遅れただけと思っているかもしれませんが、金融機関の側から言えば、返済が滞る人に進んでお金を貸したいとは思いません。


おまとめローンを利用したいと思うのであれば、借金をした時点でまずは計画通りに返済して行きましょう。


また突然何かがあってその月の返済が遅れてしまいそうになった場合は、すぐに金融機関に連絡をします。 無断で延滞してしまうと記録として残されてしまい、債務整理をした時と同様、その間は新規借り入れができなくなる可能性もあります。