銀行のおまとめローン手数料に注意

各種手数料は事前によく調べましょう

銀行や銀行系の会社の商品であるカードローンを利用することで「おまとめローン」として複数の貸金業者からの借入を一本化できます。今の借入金利より低金利であれば借金の返済が早く完了しますし、メリットとして大きいのが返済時手数料の軽減です。


複数社に借り入れを分けているということは、それぞれの貸金業者から返済の時にそれぞれに手数料が発生しますから、この「おまとめローン」で借り換えて借金を一本化することで、返済管理が簡単になります。また、多くの銀行系カードローンは契約限度額によって異なる金利が設定されていて、当然、借入額が多いほど金利は低くなります。なお、不動産を担保にするタイプもあります。


注意が必要なのは、借入時や返済時にかかるATM手数料になります。ATMでの返済時にかかる料金はカードローン会社によってマチマチで、全くかからないところもあれば、必ずかかってしまう会社もあります。


また、基本は有料でも一部のコンビニ会社のATMでは無料というところもあります。さらにATMから返済する時間帯や金額によっても変動しますから「おまとめローン」としてカードローン会社を利用する時にはカードローンを作る前に、必ずそれぞれのホームページをよくチェックしてATM手数料の有無や仕組み、金額を調べておきましょう。