年収による借入制限

年収が低いとおまとめもできない?

一時的なお金の調達手段として消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンを利用している人は多いでしょうが、これらのサービスは使い勝手がよく、比較的簡単にお金を借りられることから予定外の借入をしてしまったり、そのことが原因となって多重債務を作ってしまったというケースもよく耳にします。


複数の消費者金融や銀行などから借入がある場合、毎月の利息の支払いだけでもかなりの金額となってしまい家計に大きな負担が掛かることになってしまいます。その結果として返済に行き詰ってしまい、自己破産などの債務整理をしなくてはならない状況に追い詰められてしまうこともあります。仮に債務整理をした場合、その履歴は個人信用情報機関へ登録されることになり、その後のキャッシングやカードローンなどの審査に大きな影響を与えることになります。


そのため、信用情報に傷をつけずに複数の借金を整理する方法としておまとめローンがあります。


おまとめローンはその文字を見ても分かるように新規でローンを組み、そこで融資されたお金ですでにある借金をすべて返済してしまうためのローンです。おまとめローンではキャッシングやカードローンなどよりも金利が低い場合が多く、それを利用することで毎月の利息の支払いの負担を大きく軽減させることができます。


ただし、おまとめローンでは借入れる額が高額になってしまうため審査は厳しくなっています。特に年収に関しては今後の返済能力に密接に関係してくるので、年収によってはすべての借金を返済できるだけの金額の融資が受けられない可能性もあります。