おまとめローンの審査に通りやすい属性

属性によって審査の可否が違ってくる

おまとめローンを利用すれば複数のローンを一つにまとめられますので、債務の管理がしやすくなります。


低い金利で借り換えを行えば利息負担を抑えることが出来ますし、一月に何回も返済処理をする必要がなくなります。ただしおまとめローンを利用するには、審査をパスする必要があります。


これまでローンを利用した事のない人が初めてカードローンを申し込む場合と比較して、おまとめローンの審査は厳しい傾向があります。


なぜならば既に数社から借入を行っている多重債務者として見られてしまうからです。しかし何とかして審査を通る為には、いくつかのポイントとなることがあります。


まず審査に通りやすい属性と言うものがあります。属性とは申込者の職業や年収、勤務年数、雇用形態などの個人情報です。審査する側としてはこれらを点数化して判断しています。当然年収が高かったり、勤務年数が長いかったりした方が審査にはとおりやすいです。


また申込人が加入している健康保険の種類も判断材料となります。健康保険には、共済保険・組合保険・社会保険・国民健康保険の4種類があります。共済保険は公務員が加入していて、組合保険は大企業の社員が加入していますので、この二つの健康保険に加入していれば審査には有利となります。


しかし属性が審査に重要な点であると入っても簡単に変えられるものではありません。ですので審査に通り易くするためには、返済実績を作って行くことも大切になります。