退職をした時の申し込みと審査

退職直後の審査はきびしめ

長年、勤務した会社を事情により辞めるケースはよくあることです。こういった会社を退職した場合におまとめローンを組むことが出来るかについては、まず収入が無い状態の無職であれば難しいです。


また退職して直ぐに転職先が見つかり、そこで働いた場合においても今度は勤続年数自体が問題となるので、期間が浅ければそれを原因としておまとめローンを組むことが出来なかったりもします。新卒の場合では、最低1年以上、中途採用のケースでは最低3年以上、その会社で勤続した実績を必要とするのが標準となります。


ただ審査については、会社に勤続年数の確認と言った込み入ったことは行なわれず、勤務先の在籍確認を主体として行う形となります。そして、申込書の勤続年数も自己申告となるので、勤務先で在籍確認が出来れば、場合によっては多少勤続年数が浅くてもおまとめローンを組むことが出来たりします。


なおおまとめローンの契約を締結した後に会社を退職した場合には、おまとめローンはそのまま維持した状態で利用できるケースが多いです。ただ定期的な個人信用情報の照会がありますが契約締結時の様な審査などはなく、勤務先が不明の場合は融資枠の圧縮などの対応によることが多く、契約を解除するに至るケースは稀となります。